五臓六腑の働きーー 肝臓、心臓

__ (15)_看图王

 

① 肝臓の働き

肝の気が内蔵や人体の様々な器官、経絡の働きを調節している全身の気の

循環を調節して、血液や水分の流れ、脾胃の働きを促し、感情を調節するといった

作用を持ちます。

血液を貯蔵し、体の各部分の 血液量を 調節する働きを 持ちます。

肝臓と関係する症状には、精神的なストレスやイライラ、怒り、月経、貧血などの

ように血液の状態と関係する症状などがあります。

肝の生理機能
○肝は疏泄(そせつ)を主(つかさど)る
疏泄とは、滞らず伸びやかであることを指します。主とは管理、コントロールするという意味です。肝は気(エネルギー)の流通をよくし、情緒を安定させ、胆汁の分泌と排泄を調節します。気の流通がよいと内臓の働きや血液循環が順調に活動します。肝の疏泄作用が順調であれば精神は安定します。逆に過度や長期のストレスは肝の疏泄機能を失調させる原因となりイライラや情緒不安定を起こさせます。胆汁は肝で作られ胆のうへ送られます。
○肝は血を蔵す。
肝は血流調整を行い、休息時には血液を肝に集め、活動時には必要とする器官へ血液を送る働きがあります。貧血や女性の生理不順や無月経などは肝の造血作用と関連する場合が多いようです。
○肝は筋を主り、その華は爪にあり、目に開きゅうする
筋とは骨についている腱・筋膜・じん帯などを指します。肝は血を筋に送り、正常な機能を保つようにします。このため、肝血が不足すると筋は十分な栄養を受けることができずにケイレン、しびれ、ひきつけなどを起こします。また、肝血の状態は爪や目にも反映されます。
肝血が不足すると爪が薄くなる、もろくなる、目の疲れ、かすみ、視力減退、乾燥感、しみる、などの症状が現れます。

 

②心の働き

1血管を通じて血液を全身に押し出し、体の各部分を栄養する働きをもちます。

2物事を考えたり、意識したりなど精神的な機能と関わりをもちます。

心と関係する症状には、血液の循環障害や精神の不安定な状態によって、起こる気持ちが

落ち着かない、よく眠れない、夢を多くみるなどがあります。

心の生理機能
○心は血脈を主る
心は気血の通り道である血脈を管理し、気血が脈管から漏れ出すことなく順調に運行するようにコントロールしています。
○心は神を蔵す
中医学において、大脳の働きである精神・意識・思考などを心の働きの一部ととらえています。心血の不足により不眠・不安・焦燥感などの精神症状が起こります。
○心は舌に開きゅうし、その華は顔にある
心の病変(心熱や心血阻など)は舌や顔にあらわれやすいことを示しています。

 

 

 

YAYAHANA 体質改善サロン

www.yayahana.com

予約電話 03-6908-0289

予約メール:mail@yayahana.com

東京都豊島区目白3-5-6 目白ITビル 302号

体質改善をメインとしたエステサロン

YAYAHANA (ややはな)


カテゴリー  かっさセラピー, 未分類, 経絡、ツボと健康の密接な関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>