六腑の働きーー大腸、膀胱、三焦

__ (13)_看图王

大腸の働き

余分な水分を再吸収して、便を作る働きを持ちます。

大腸と関係する症状には、下痢や便秘などの直接大腸に関連する症状の

ほか、表裏関係にある肺に関連する症状などがあります。

 

膀胱の働きとは

最終的に不必要になった水分を尿にし、排泄する働き

を持ってます。

膀胱と関係する症状には、直接膀胱に関連する症状のほか、

表裏関係にある腎に関連する症状などがあります。

 

三焦の働きとは

三焦の実体はリンパ管。

実際に三焦と言う臓腑器官は存在しませんが、

中医学では、三焦を横隔膜より上部の部分と横隔膜より

下部で臍より上部の部分、臍より下の部分をそれぞれ、上焦、

中焦、下焦とわけ、臓腑全体の働きを統括するものとして捉えています。

1気が昇ったり、降りたりする通路の役割を果たし、気を全身に行き渡せる

働きを持ちます。

2同時に水分の出入する通路の働きも持ちます。

三焦と関係する症状とは、五臓六腑の症状やむくみ、貧血などがあります。

 

YAYAHANA 体質改善サロン

www.yayahana.com

予約電話 03-6908-0289

予約メール:mail@yayahana.com

東京都豊島区目白3-5-6 目白ITビル 302号

体質改善をメインとしたエステサロン

YAYAHANA (ややはな)


カテゴリー  かっさセラピー, ホルモンバランスを整える, 未分類, 経絡、ツボと健康の密接な関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>