ホルモンの分泌を促進とホルモンバランスの重要性

54194658

 

ホルモンの分泌を促進するには

 

1 分泌器官が正常であること

身体機能は鍛えれば、より活性化するが、使わなければ退化します。

三ヶ月不使用で特に退化!

 

2ホルモンをつくる材料が身体にあること

タンパク質 脂質 ミネラル

 

3 体温環境と体循環の活性

ホルモンは血液によって運搬される

4 湧き上がる情熱とイメージ力

イメージは脳内では予定となり、身体反応が起こることで、

自律神経、ホルモンに影響を与える。

5 ストレスフリー

ストレスは、視床下部に伝達されホルモンのアンバランスを

引き起こす。ストレスによって血管が収縮することで、ホルモンの運搬が

隅々までスムーズにいかなくなる。

 

女性ホルモンとは

分泌メカニズム

女性ホルモンは卵巣で作られる。

視床下部から指令⇒脳下垂体<性腺刺激ホルモンと黄体化ホルモン>

⇒卵巣 <エストロゲン プロゲステロン>

 

二つの女性ホルモン

エストロゲン= 卵胞ホルモン (美人 潤いホルモン)

①皮膚の水分を保ち真皮のコラーゲンを再生し肌に潤いや

ハリのあるお肌を作る

②抜け毛を予防、ツヤを出す

③胸がはり女性らしい丸みのボディーに

④コレステロールの抑制(肥満予防)

⑤自律神経の安定

⑥皮脂分泌抑制

⑦子宮内膜を厚くする

プロゲステロン=黄体ホルモン (母ホルモン)

① 妊娠、出産の準備するホルモン

② 皮脂分泌亢進

③ メラニン生成を活発に

④むくみや頭痛、肩こり、便秘に

⑤食欲増進

⑥子宮系疾患のホルモン治療に

⑦温熱中枢を刺激して、全身特にお腹周りをあたためる

 

女性ホルモンバランスが崩れるとの症状

イライラ、くすみ、毛穴、のぼせ、気力減退、手足の冷え、

太りやすい、むくみ、うす毛、敏感肌、頭痛、ドライアイ

くま、にきび、生理痛、PMS

 

女性ホルモンバランスが整うと

毛量アップ、ツヤ髪、潤い、瞳きらきら、メイク乗りいい、美乳、

くびれ、すらり足、透明感、ハリ、つや、美白、爪の輝き、

代謝アップ、前向き。

 

YAYAHANA 体質改善サロン

www.yayahana.com

予約電話 03-6908-0289

予約メール:mail@yayahana.com

東京都豊島区目白36 目白ITビル 302

体質改善のできるエステサロン ややはな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー  未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>